沖縄そばとは違う?!八重山そばを食べよう

沖縄そばは、実は複数あった!地元の味である八重山そばとは

沖縄のグルメと聞けば、皆さんは沖縄そばを連想する方も多いでしょう。ですが、沖縄には沖縄そばではなく、八重山そばという地元の方が愛するそばがあるのです!実は沖縄には地元ごとに特色あるそばがあり、沖縄そばが全体としては一番有名ですが、その他のそばも、地元ごとに特徴があり、また違った味が楽しめるのです。大きく分けて沖縄そばや宮古そば、大東そば、八重山そばの四種類が有名です。もちろんそれぞれ地域ごとに具材の種類やスープの味付けなどは違っていて、各地域の住民たちに愛されているソウルフードです。今回は、その中でも特にお勧めしたい八重山そばについて紹介したいと思います。沖縄そばとは一味違う味に、ハマってしまうかもしれません!

これは美味い!八重山そばの美味しさ!

沖縄そばと八重山そばの違いですが、麺が違います。沖縄そばはコシのあるちぢれ麺か、固めの平麺というきしめん風味の麺ですが、八重山そばの場合、麺のちぢれはありません。そして細くて丸く、そしてコシが強めなのが特徴です。スープは豚骨の出汁を中心としたほんのりとした甘味が特徴的で、具材には醤油で炒めるか煮詰めるかした豚肉と、かまぼこを薄切りにして載せています。そしてここで沖縄そばと違うのは、紅ショウガを入れるのではなく、ピパーツという島胡椒を好みで加えて食べるのが八重山そばです。沖縄そばと似ているところもありますが、独自の進化を遂げてきた地元料理の1つです。沖縄に何らかの理由で行き、石垣島に寄るのであればぜひ食べてみてください!