絶対に外せない!プルップルのゆし豆腐

ゆし豆腐ってどんな食べ物?

ゆし豆腐とは、島豆腐を固める前のフワフワとした状態の豆腐のことを指します。島豆腐を作る際には、水に浸けた大豆をすり潰してから絞り、その汁を十分に煮てからにがりを加えます。その後、しっかりと四角く固めるために型に入れて重しを加えてある程度まで水分を抜くという流れです。しかし、ゆし豆腐の場合にはあえて型に入れたり重しで水分を抜くといった作業が省かれることになります。これは、水分量の多い滑らかで柔らかな食感を楽しむために考えられた製法です。そのため、ゆし豆腐はホロホロの状態のまま大量の水と混ざった状態でビニール袋に入れられて販売されています。島豆腐と原料は同じでありながら、全く違う味わいを堪能できる不思議な豆腐です。

ゆし豆腐のおいしい食べ方

ゆし豆腐そのものを味わいたいのであれば、シンプルに醤油をたらして食べるのがおすすめです。冷奴の要領で、器に適量を出して食べます。味付けについては、醤油だけでなくポン酢やごまだれなど色々なタレで楽しめます。鰹節やショウガや刻みネギなど、好みに合わせて薬味を用意して下さい。ゆし豆腐の水分量を活かしたいのであれば、汁物にするという方法もあります。鰹節でとった出汁でお吸い物にしたり野菜などの具材を加えて雑炊風のスープにしたり、アレンジによって様々な楽しみ方ができます。その他、水分を切ってサラダのトッピングにしたり豆板醤で味付けをして麻婆豆腐風にしたりすることも可能なので、工夫次第でいくらでもレシピが広がる食材と言えます。